常日頃、 あっちにふらふらこっちへふらふら。 漂いながらも、 いろんなことを考えているふり。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
わずかな科学
2005-08-01 Mon 01:08
ついに第10惑星が見つかりましたね。
あるあるとは言われてましたが、軌道や公転周期の問題でなかなか発見されず、見つけたと思ったら、サイズが小さいため惑星とは認められなかったり・・・。
冥王星発見から75年。
さらに次の惑星発見は生きてる間にくるのでしょうか?

天文のことはそんなに詳しいわけじゃないけど、関する記事を読んだり、夜空を眺めるのは好きです。
SFを読んでる影響なのでしょうか(笑

異星人や星についてはいろいろ書かれていますが、
ちょっと違った角度からの科学エッセイでとても気にいった本は、


『地球から宇宙へ アシモフの科学エッセイ②』
『時間と宇宙について アシモフの科学エッセイ③』
             アイザック・アシモフ著 ハヤカワ文庫


科学エッセイシリーズはどれを読んでも知的興味を沸き立たせ、いろいろと考えさせられます。
夜はなぜ黒いのかという素朴な疑問から、膨張する宇宙とその広さ、衛星に関する考察、圧力と星の色についてなどわかりやすく面白く書かれています。
他の巻には素粒子や金属、時間や自然科学など多岐にわたるエッセイが載っていて、唸るばかり。物を観る目が少し変わります。

最近の子どもは科学離れなどと言われていますが、まずは興味を持たせることから入らないと学べません。
『ムシキング』も親の目からみると単なるゲームですが、カブトムシやクワガタの姿をみて、正確にその名称をいえますか?
ゲームでもマンガでも小説でも、もちろん勉強でも、興味を持った時点が全ての入口。

いろんなことに出会えますように。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<神の怒り | 漂う人 | 好き嫌い>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
さてさて、劣悪なblog環境から脱出を図ったわけで、本日から仕切りなおしと相成るわけです。こちらをご覧の皆さん、よろしくお願いします。あと、リンクをしてもらってる方は変更をお願いします。まだリンクの追加を完了していない方もいますが、「やれよ、ゴルァ」の一言を …
2005-08-02 Tue 04:15 sectionQ(Q課)
| 漂う人 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。