常日頃、 あっちにふらふらこっちへふらふら。 漂いながらも、 いろんなことを考えているふり。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
峠越え
2005-09-28 Wed 01:32
隣の県への出張命令が出たので、朝早くから出発。
高速道路を使わなくても目的地まで2時間くらいで着くので、一般道を選択して進んでいた。
山道に差し掛かり、ラジオの電波も弱くなってきた時、そのラジオから気になるニュースが途切れ途切れに流れてきた。
「・・・号線は工事中のため・・・片道通行となり・・・迂回路はありません」
ここじゃありませんようにと祈りながら、何個目かのカーブを過ぎると、急に目の前に連なる車の列。
やられた。渋滞に巻き込まれた。
10分毎の片道交互通行で周囲に迂回路はなし。
右手側は山で左手側には数メートル下に沢が流れている。4WDでも無理だろう。
なす術は無いので、通れるまで本を読みながら時間を潰した。
思わぬところで読書時間が取れたので、かなり気分がいい(*´ー`)

仕事もすんなりいき、かなり余裕な気持ちで帰途につくが、またもやラジオから不吉なニュース。
「高速道路は事故のため通行止め」
さて困ったぞ。帰りは高速を使おうと思っていたが無理そうだ。
朝の来た道はまだ工事中だろう。
すると残る道は・・・。
私は遠くにそびえる山々に目をやった。
数十分後、私の運転する車は冬季には閉鎖される峠道を走っていた。
対向車がやっと通れるくらいの細い道と、180度のカーブを何本も越え、初めて通る道を走り去る。
二度と通らないだろうなぁこんな道。やめとけばよかったかななどと思っていると、窓から見える風景に圧倒された。久しぶりに自然の山から遠くの街を見た。
あそこから観る景色はもっとすごいかも・・・。
道路から落ちないように、はやる気持ちを抑えながら頂上を目指す。
頂上付近には駐車場があり、そこに車を停めすぐさま降りる。
私以外誰もいない。
強風が吹き荒ぶ中、眼下に広がる景色に両手を広げ、おもいっきり叫んだ。
久しぶりの自然で久しぶりに大声を出した。
遠くに見える街並みでさっきまで仕事をしていた。
遠くに見える街並みでみんなが仕事をして生活している。
のびている道は今走ってきた道。
何人もの人たちがここを越えて行った。
私が立っている場所は、単なる通過点。
越えられるところ。越える場所。

なんか、まだがんばれる気がしてきた。


スポンサーサイト
別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<長い間 | 漂う人 | 青天の霹靂>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
くらさんからこんなのが回ってきたのでやってみることにします…。Q1 次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。▽目玉焼き 軽~く塩を…。 ソースとかお醤 …
2005-10-10 Mon 09:41 うさぎのお茶会
| 漂う人 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。